自民党の谷垣禎一総裁は23日、党本部で開かれた中国・四国ブロックの党所属国会議員や県連幹事長らの会合で、平成19年の参院選に岡山選挙区で落選し、夏の参院選に比例代表で公認申請している片山虎之助元総務相(74)の処遇について、「原則をゆがめるとおかしくなる。例外は、(本当に必要な)例外でなきゃいけない」と述べ、70歳定年制の内規を理由に公認に慎重姿勢を示した。

 これに対し、岡山県連の天野学幹事長は「例外はない、という方針にすれば納得できる」と反論した。

【関連記事】
自民、谷垣氏の新ポスター製作 ソフトさ演出も…
谷垣総裁側近の2人が対立 ベテラン議員処遇問題
自民・高村派が3人に 村上、山本両氏の退会で
自民が参院愛知に藤川氏擁立
山崎、保岡両氏の非公認確認 自民の参院選候補

<伊方原発>「耐震安全性評価は妥当」…国の原子力安全委(毎日新聞)
自殺・うつ対策PT 3月に中間対策案(産経新聞)
小沢氏続投、判断避ける=仙谷国家戦略相(時事通信)
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入-大阪(時事通信)
<窃盗>高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖(毎日新聞)
AD