厚生労働省の集計によると、昨年12月2日から今年1月1日までに社会医療法人として新たに6法人が認定された。山形県と高知県で初めて認定され、これにより社会医療法人の認定を受けているのは79法人となった。

 厚労省によると、新たに認定を受けたのは、▽「森之宮病院」を運営する大道会(大阪市)▽「総合病院南大阪病院」を運営する景岳会(同)▽「守口生野記念病院」を運営する弘道会(大阪府守口市)▽「佐藤病院」を運営する公徳会(山形県南陽市)▽「瀬戸内海病院」を運営する生きる会(愛媛県今治市)▽「近森病院」を運営する近森会(高知市)―の6法人で、いずれも1日付。
 大道会と景岳会は特定医療法人から移行した。公徳会は山形県で、近森会は高知県で初の認定。これで社会医療法人が認定されているのは、33都道府県になった。

 社会医療法人の認定を受けるために実施基準を満たすことが必要な事業については、近森会の近森病院が救急医療と災害医療の2事業、公徳会の佐藤病院が精神科救急医療、他の4病院が救急医療の要件を満たしている。


【関連記事】
医療計画見直しに向け検討会設置へ―厚労省
医療法人の年間増加数、千法人を下回る
社会医療法人の認定基準緩和を―医法協
慶友会の格付けを引き上げ―JCR
社会医療法人の寄付金税制整備など重点要望へ-四病協

自民が7人を追加公認 青木氏も 南部氏は辞退(産経新聞)
<ハイチ大地震>AMDA代表ら被災者支援に出発(毎日新聞)
<訃報>渡辺康雄さん89歳=嘉田由紀子・滋賀県知事の父(毎日新聞)
柔道初段コンビニ店員、強盗に“一本”(読売新聞)
<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)
AD