22日午前0時15分ごろ、千葉県市原市山田橋2、会社員、奈佐(なさ)昭一さん(44)方から出火、木造2階建ての同住宅約90平方メートルを全焼、焼け跡から奈佐さんの長女で県立磯辺高1年の優里香(ゆりか)さん(16)と三女で市立国分寺台西中1年の栞里(しおり)さん(12)が遺体で見つかった。

 県警市原署によると、奈佐さん方は5人暮らし。奈佐さんは仕事で不在、妻有子さん(44)と次女で同中2年の瞳さん(14)は逃げて無事だった。家族の一人が「1階のストーブがついていた」と話しているといい、優里香さんと栞里さんは2階で寝ていて逃げ遅れたらしい。

 隣家に住む米森トミ子さん(73)は寝入っていて家族に起こされ、外へ飛び出すと奈佐さん方が火に包まれていた。高台にあり、坂の下から吹き上げる強風で米森さん方にも燃え移り、2階部分を焼いた。米森さんは「3人姉妹は赤ちゃんのころから知っている。ハキハキとあいさつをする明るくていい子たちで、何でこんなことに……」と絶句した。

 近くに住む自営業の結城秀敏さん(59)によると、有子さんと瞳さんは自宅前で抱き合って泣き崩れ、奈佐さんも木更津市内の勤務先から駆け付け、ぼうぜんと立ち尽くしていたという。

 結城さんは「娘が中学で栞里さんと同じ吹奏楽部に所属し、栞里さんはトロンボーンで、娘と仲が良かった」と目を潤ませた。

 現場はJR内房線五井駅の東約3キロの住宅地。【斎藤有香、黒川晋史】

【関連ニュース】
火災:桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼
火災:前橋で住宅全焼 59歳男性?死亡
火災:民家など全焼、2遺体を発見 鹿児島・枕崎
加湿器:中国製で発火や発煙事故 輸入元12万台リコール
火災:4階から71歳住民が飛び降り?死亡 横浜

野菜いっぱい!スザンヌ家の「だご汁」披露(読売新聞)
<新任判事補>99人に辞令交付(毎日新聞)
<準天頂衛星>1号機の愛称「みちびき」に JAXAが発表(毎日新聞)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)
清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)
AD