22日午前7時40分頃、茨城県常総市山口の関東鉄道常総線三妻―南石下駅間の踏切で、水海道発下館行き普通列車(1両)が軽乗用車と衝突、軽乗用車を運転していた同市内の女性会社員(25)が首や腕を打ち軽傷。列車の運転士と乗客32人にけがはなかった。

 常総署の発表によると、踏切に遮断機や警報機はなく、女性が列車に気付くのが遅れたか、気付かないまま踏切を横断しようとしたとみて、原因を調べている。

 この事故で、同線は水海道―下妻間で約2時間運転を見合わせ、乗客約500人に影響が出た。

神社撤去 最高裁、過去の基準は「目的効果」(産経新聞)
産科補償制度で原因分析を開始(医療介護CBニュース)
普天間移設「あらゆる可能性」=鳩山首相(時事通信)
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入-大阪(時事通信)
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏(産経新聞)
AD