不法に入国し、国外退去処分を受けた神奈川県のペルー人一家が処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、脳腫瘍(しゅよう)の摘出手術を受けた高校1年の長男(16)に対する処分を取り消し、在留を認めた。両親と長女(12)については、請求を棄却した。
 長男は処分を受けた時は中学2年だった。原告側弁護士によると、処分時に中学生だった少年に判決が在留許可を認めるケースは異例という。
 杉原則彦裁判長は長男について、医療水準が高いと言えないペルーで適切な治療を受けることができるか非常に疑わしいと指摘。「人道的配慮から在留を特別に認める判断をすべきだ」とし、考慮せず退去処分としたのは重大な事実誤認があるとした。 

こんにゃく粉密輸入=白滝と偽る、業者告発-横浜税関(時事通信)
<別府市火災>行方不明の男性 別府駅ビルで発見 事情聴く(毎日新聞)
<小沢幹事長>「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
東電元社員らオリックスから2億4千万詐取容疑(読売新聞)
<読売テレビ>「鳥人間コンテスト」7月再開(毎日新聞)
AD