民主党の小沢一郎幹事長は24日午後、広島市内で開かれた同党衆院議員の集会に出席し、資金管理団体の政治資金規正法違反事件について「大変、ご心配、ご迷惑をお掛けしたことをおわびする。不徳の致すところだ」と謝罪した。その上で「今後そのようなことがないように、信念を貫いて頑張っていきたい」と述べ、幹事長職を退く意思がないことを改めて強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<陸山会土地購入>小沢幹事長聴取、再び要請 東京地検(毎日新聞)
女性警官の胸触りキスも=同僚の巡査部長停職-兵庫県警(時事通信)
女性が自宅で血を流し死亡、次男が発見(読売新聞)
<私立中入試>近畿でスタート 不況で倍率低下(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏事件で「一蓮托生議論はナンセンス」(産経新聞)
AD