厚生労働省は1月20日、ノバルティスファーマとグラクソ・スミスクライン(GSK)の新型インフルエンザの輸入ワクチンを特例承認した。両社とも2月上旬に国内での出荷を開始する予定。主に優先接種対象者以外の健康成人が接種対象となる。

 ノバルティス社製は、免疫増強剤(アジュバント)を添加した細胞培養型ワクチン。厚労省と契約した2500万回分をドイツ工場で生産済みで、既に日本に向けて1200万回分を出荷したという。有効期限は製造から6か月だが、「実施中の安定性試験の結果によっては延びる可能性がある」(広報部)としている。

 一方、GSK社製は鶏卵を使って製造され、アジュバントを混合して使用する。厚労省とは7400万回分の契約を結んでおり、カナダ工場で生産している。有効期限は18か月となっている。


【関連記事】
新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討-長妻厚労相
輸入新型ワクチンを20日に初の特例承認
輸入新型インフルワクチンを特例承認へ―厚労省
ノバルティス製ワクチン「問題なし」―新型インフルで現地調査
欧州2社と新型ワクチンの輸入契約を締結―厚労省

<核燃再処理工場>稼働凍結求める10万人署名 首相に提出(毎日新聞)
署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)
首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護(時事通信)
普天間決着「言質ある」…米国務次官補(読売新聞)
<仏教伝道文化賞>画家、佐久間顕一さん…芸術分野で受賞(毎日新聞)
AD