自民党の浜田靖一国対筆頭副委員長は21日午前の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の事件に関し、平野博文官房長官や原口一博総務相が情報源を「関係者」と秘匿した報道のあり方に疑問を呈したことについて、「総務大臣は自覚が足りず、それを容認した(ような発言をする)官房長官の感覚もおかしいのではないか」と批判した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<サバ水煮缶>高濃度ヒスタミン検出…保健所が回収命令(毎日新聞)
徹底対決!民主が“検察リーク”対策チーム 小沢氏関連事件(産経新聞)
小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)
北海道で震度3(時事通信)
国家公安委員長「リーク記事しか書かない」(読売新聞)
AD