平野博文官房長官は18日午前の記者会見で、沖縄県名護市長選の結果が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に及ぼす影響に関し、「5月までに(結論を)何とかしたいという気持ちには変わりはない」と述べ、選挙結果にかかわらず5月までの決着を目指す考えを強調した。 

【関連ニュース】
第174通常国会召集=「政治とカネ」で与野党激突へ
基地争点も、薄い政党色=民主は「自縄自縛」警戒
名護市長選、普天間に影響も=鳩山首相
3新人が届け出=宮崎市長選
稲嶺、島袋氏が一騎打ち=普天間移設の受け入れ争点

<小沢幹事長>「近々中に理解得られる状況作る」(毎日新聞)
<郵便局強盗>江戸川の事件、37歳容疑者を逮捕 警視庁(毎日新聞)
自民党がどう変わろうと国民には関係ない(産経新聞)
浜松で飲食店全焼、遺体は桑田真澄さんの父か(読売新聞)
弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑-愛知県警(時事通信)
AD