「第50回交通安全国民運動中央大会」が19日、天皇、皇后両陛下を迎えて東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれ、「平成22年使用交通安全年間スローガン募集」(全日本交通安全協会・毎日新聞社主催、内閣府・警察庁・文部科学省・NHKなど後援、JA共済連・日本自動車工業会協賛)の内閣総理大臣賞(最優秀作)の表彰が行われた。

 表彰されたのは▽静岡県湖西市の会社員、石山大輔さん(35)▽埼玉県東松山市の会社員、森下恭輔さん(28)▽岐阜県多治見市立精華小5年、中嶋裕菜(ひろな)さん(10)と同校長、西脇康雄さん(53)--の4人。滝野欣弥官房副長官から賞状と賞品が贈られた。

 天皇陛下はあいさつで、昨年の交通事故死者が5000人を割ったことに触れ、「それでもなお5000人近くの命が失われていることは誠に痛ましいことです」「国民一人一人がさらに命の大切さに思いを致し、交通安全に気を付けるよう期待しております」と述べた。

<警視庁>45歳警部が電車で痴漢容疑…書類送検・辞職(毎日新聞)
水俣病未認定訴訟で和解勧告=原告と国、主張に隔たり-今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)
政治とカネ、どこ吹く風 民主「予算優先」(産経新聞)
事件報道に「不公平感」=平野官房長官、民主調査チームに理解(時事通信)
都議会参考人招致 築地移転で賛否(産経新聞)
AD