鳩山由紀夫首相は21日午後の衆院予算委員会で、実母から多額の資金提供を受けていた問題に関し、自民党の谷垣禎一総裁が「首相が(その事実を)知っていたと証明されたら、首相を辞めるのか」とただしたのに対し、「天地神明に誓って(知らなかったと)申し上げているのだから、そのような事実が出てきたら、バッジを付けている資格はない」と述べ、議員辞職する考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真ニュース〕鳩山首相、日航再建の全面支援強調
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
5月結論、地元の同意なしも=普天間移設で平野官房長官
小沢氏の「潔白証明」に期待=鳩山首相

親権一時停止を提言=虐待防止へ民法改正-法務省研究会(時事通信)
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功-シンガポール(時事通信)
衆院予算委、「政治とカネ」で首相が謝罪(読売新聞)
立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)
「将来に不安…」妻と長男殺害の67歳逮捕(読売新聞)
AD