新潟県上越市の天然ガスパイプライン建設現場で2008年7月、爆発が起き、作業員2人が死亡した事故で、県警は18日、業務上過失致死容疑で、工事を請け負った大手ゼネコン清水建設の当時の工事作業所長(59)=同市=ら5人を書類送検した。県警によると、5人とも容疑を認めているという。
 県警によると、5人はパイプライン敷設のためのトンネル工事で、必要な坑内のガス濃度の監視や避難態勢の整備を怠った疑い。
 事故は同月15日未明に発生。坑内の壁面から漏れたガスが爆発し、静岡県三島市の渡辺春雄さん=当時(53)=と福井市の平川晋作さん=当時(35)=が死亡した。 

【関連ニュース】
社長に岡本副社長昇格=鳥原氏は会長に
LNG輸送船が到着=3月末に営業運転開始へ
電力6社、ガス4社が値上げ=来年2月の料金
パプアLNG融資を発表=国際協力銀
パプアLNG開発に協調融資=調達先の多様化狙う

<平沼赳夫氏>蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」(毎日新聞)
窃盗 ヴィトン、900万円相当盗まれる 大阪で早朝(毎日新聞)
個人宅に投票箱配送=衆院選前に預ける-「長年の慣習」と選管・和歌山市(時事通信)
小沢氏問題 予算成立遅れ懸念 東北各県知事、捜査の在り方賛否(河北新報)
不明32歳女性か、遺体発見=「埋めた」供述の男逮捕-兵庫県警(時事通信)
AD