神奈川県の不正経理問題で、県は20日、2007年度までの5年間の不正経理が5073件、総額約14億5157万円に上ったとする調査結果を発表した。

 発表によると、内訳は、物品を架空発注して業者に現金をプールする「預け金」が約1億2739万円(120件)、翌年度に納入されたのに現年度に会計処理する「翌年度納入」が約12億8569万円(4694件)、請求の名目以外の物品を納入させる「差し替え」が約3201万円(134件)など。

 「預け金」は、職員による私的流用があったとして公表されていた税務課の約1億2704万円のほか、新たに3部局(厚木土木事務所、水道局厚木営業所、緑県税事務所)で計約248万円(16件)が判明した。この3部局については、いずれも事務用品などの購入費に充てられ、私的流用は見つかっていないという。

「風化せぬよう子供に伝えたい」=祖母なくした遺族代表の下浦さん-阪神大震災(時事通信)
旧知の議員に「死にたい」 石川容疑者、不安漏らす(産経新聞)
<石川議員逮捕>通常国会目前の激震(毎日新聞)
病院や老健などを緊急保証制度の対象に―全老健が要望(医療介護CBニュース)
小沢氏の不動産視察へ 自民PT(産経新聞)
AD