東京都台東区の上野動物園で24日、「北限のサル」として国の天然記念物に指定されている青森県下北半島のニホンザル1匹が、この日から始まった一般公開の開始直後にサル山から逃げ、約6時間後に数百メートル離れた上野公園内の飲食店の地下階段で捕獲された。

 動物園によると、同日午前9時半ごろ、23匹が初の一般公開のため園内のサル山に放された。その直後に、うち1匹が高さ約4.5メートルの垂直のコンクリート製の壁を駆け上り、園外に逃げたという。

 動物園や上野署が捜索していた午後4時、公園内の飲食店「桜木亭」の地下倉庫への階段にいるのを店の清水利行代表(30)が発見、110番通報した。駆けつけた動物園の職員に網で捕獲され、動物園に連れ戻された。落ち着くまで、人目につかない個室で飼育されるという。

 清水さんは「黒いものが、信じられない勢いで走っていくのが見えて、逃げたサルに違いないと思った。捕まったあとは神妙そうにしていた」と同情していた。

 「北限のサル」は、ヒトを除く霊長類では最北端に生息。「スノーモンキー」とも呼ばれ、世界的に知られている。【市川明代、山本将克】

【関連ニュース】
上野動物園:ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も
サル:襲われけが 鹿嶋で3件相次ぐ /茨城
モンキードッグ:猿…困った 農作物に被害、飼い犬で退治に挑戦
掘り出しニュース:ニホンザル 「健太」大往生、23年間ボスの座守る
<写真特集>サルの仲間も 毎日動物園

サンショウウオもトラ、タイガーサラマンダー(読売新聞)
<将棋>久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)
水谷元幹部の名刺押収 石川議員事務所から(産経新聞)
胆沢ダム工事受注の「宮本組」へ 談合仕切り役“天下り” 下請け捜索(産経新聞)
<政党交付金>初めて民主党が自民党を逆転 衆院選圧勝で(毎日新聞)
AD