鳩山由紀夫首相は19日朝、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が東京地検特捜部の参考人聴取に応じる意向を示したことについて、「私の方に連絡はない」と述べ、相談や報告は受けていないことを明らかにした。首相はその上で「受けるか受けないかは小沢幹事長ご自身が判断し、ご自身の判断で結論を出すべきだ」と指摘した。首相公邸前で記者団に答えた。

 小沢氏は18日夜、福井市内で記者会見し「できる限り公正な捜査に協力し、早い機会に国民に理解してもらえる結論を得たい。参院選にできるだけ影響のないよう速やかな結論を得たい」と述べていた。

【関連記事】
「反小沢」マグマ蓄積 世論調査に民主は動揺
小沢氏説明の銀行出金は原資に足らない3億円 聴取応じる意向
「天の声」期待 秘書を接待漬け “実弾”攻勢
産経新聞・FNN世論調査 加速する民主離れ
民主・山本剛正議員が発言 「小沢氏は事情聴取を」

野党3党「政治とカネ」集中審議要求で一致(読売新聞)
大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)
大雪で北海道の8会場で試験繰り下げ センター試験(産経新聞)
鈴木宗男氏「検察が正義だと思ったら大間違い」(読売新聞)
民家侵入、警察官の前で放火…近くで11棟火事(読売新聞)
AD