自民党は22日、持ち回りの選挙対策本部会議で、夏の参院選候補として千葉選挙区に擁立する猪口邦子元少子化担当相ら7人(選挙区4人、比例代表3人)の公認を決めた。
 猪口氏は2005年衆院選比例代表東京ブロックで初当選した「小泉チルドレン」の一人で、09年衆院選には不出馬。今回、出身の千葉県から参院選へのくら替え出馬となる。改選数3の千葉選挙区で、同党は既に椎名一保参院議員を公認しており、2議席獲得を目指す。これにより、同党の公認候補は計51人(選挙区32人、比例代表19人)となった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「改正著作権法」周知キャンペーン 大賞決まる(産経新聞)
地球生きもの委員会設立へ(産経新聞)
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件-甲府地裁(時事通信)
痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
【足利再審】菅家さん、机を蹴り怒り表す場面も(産経新聞)
AD