厚生労働省の足立信也政務官は19日の会見で、診療報酬改定で焦点となっている病院(200床未満)と診療所の再診料の統一について、「他の病院とも連携を取ったり、時間外でも電話で対応するところは下げるべきではない。新たな評価も必要だ」と述べ、時間外でも対応できる診療所などには新たに加算を行う考えを示唆した。

 再診料の統一を巡っては、厚労相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」で、開業医ら診療側委員が診療所の報酬引き下げに強く反発している。

【関連ニュース】
国民年金保険料:納付期間過去10年分に延長 厚労省方針
派遣切り:来年3月までに25万人 厚労省調査
在宅酸素療法:過去6年間に26人死亡…厚労省が注意
臓器提供:親族への優先、厚労省が運用指針改正
無料低額宿泊所:厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別

小沢氏聴取 自民党本部では大島幹事長が「お好み焼き」挑戦(産経新聞)
<安保50年>米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず(毎日新聞)
参院代表質問 「戦って」発言で首相「検察への圧力ではない」(産経新聞)
「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)
与党議員PTを設置へ=経産省(時事通信)
AD