九州管区機動隊の福岡県内にある二つの小隊で昨年、上司の小隊長が隊員に暴行するなどのトラブルがあり、1人が自殺を図っていたことが23日、捜査関係者の話で分かった。同県警は傷害事件やパワーハラスメント(職権を背景とした嫌がらせ)に当たる疑いもあるとみて調べるとともに、関係者の処分を検討している。
 関係者によると、早良小隊の男性隊員は昨年10月、寮の自室で手首を切って倒れているところを発見され、病院で治療を受けた。その前に小隊長から顔を殴られるなどの暴行を受けていたという。
 小倉南小隊でも昨年、別の小隊長が隊員2人を強く叱責(しっせき)するなどし、1人は精神状態が不安定になって通院したという。 

【関連ニュース】
女性警官の胸触りキスも=同僚の巡査部長停職
わいせつ教員176人=過半数は教え子被害-08年度
キャバクラ労組を設立=女性従業員ら、職場環境の改善要求
守れ、年末の繁華街!=官民合同でパトロール
女子学生にキス、教授を減給処分=富山大

日米安保改定50年 同盟むしばむ普天間問題(産経新聞)
福岡の裏金接待、知事名で職員に回答命令書(産経新聞)
将棋 久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
地域限定で対策期間=振り込め詐欺で警察庁長官(時事通信)
高校卒業者の進学率 6年連続で過去最高(産経新聞)
AD