【山梨】北杜市大泉町谷戸で体験農園「八ケ岳あおぞら農園」を経営する浅川正樹さん(44)が、最も辛いとされる唐辛子「ハバネロ」を使ったソース「赤岳大噴火」の販売を始めた。

 昨年11月ごろに同農園で収穫したハウス栽培のハバネロを穀物酢と一緒にミキサーにかけてこした。瓶詰めして4週間熟成させ、12月上旬から販売を始めた。

 ラベルには噴火する八ケ岳の主峰・赤岳(2899メートル)のイラストが描かれている。

 パスタやピザだけでなく、おひたしや納豆などの和食とも相性が良いという。

 地元産野菜で何か加工品を作れないかと、08年に作った試作品が好評だったため、本格生産を始めた。

 70ミリリットル入り840円。北杜市大泉町谷戸のスーパー「ひまわり市場」で販売しているほか、同農園から直接買うこともできる。【沢田勇】

【関連ニュース】
唐辛子ソース:「八ケ岳あおぞら農園」が販売--北杜 /山梨
食べる、育てる:県内の現場から/下 知識の普及 /佐賀

<東京メトロ>有楽町線で火花 一部で運転見合わせ(毎日新聞)
知事、ヘリ墜落当日に宴席=県幹部職員主催-岐阜(時事通信)
<人事>総務次官に岡本氏就任(毎日新聞)
小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述(読売新聞)
橋下知事、「民主党の地方分権発想、僕の考えとは違う」(産経新聞)
AD