東京都は18日、杉並区の私立「西荻まこと幼稚園」の園児や家族、職員ら154人がノロウイルスによる食中毒にかかったと発表した。同園の餅つき会で参加者に配られた餅が原因とみられる。嘔吐(おうと)や下痢の症状が出たが、全員が回復しているという。

 食中毒にかかったのは▽3~6歳の園児46人▽園児の家族103人▽職員4人▽近隣住民1人。うち6歳の女の園児1人が5日間入院した。餅つき会は今月9日に園内のホールで開かれ、園児や家族ら338人が参加した。10日から12日にかけて、症状を訴える参加者が続出した。都は、餅つき会の参加者の手を介してノロウイルスが餅に付いたとみている。【鮎川耕史】

【関連ニュース】
新春餅つき:5カ国の留学生24人参加 福岡の西南学院大
雑記帳:日本一大きな鏡餅…千葉・九十九里の海岸
熱田神宮:400キロの鏡餅を奉納
臼作り:今がピーク 長野・安曇野
すくすくレシピ:第238回 「もちのショウガ焼き」

<夕張>赤字解消30年を24年で 一部事業先送りで短縮(毎日新聞)
歌手の浅川マキさん死去=ユニークなライブ活動を展開(時事通信)
稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点-名護市長選(時事通信)
安保改定50年で日米が共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)
<交通安全大会>年間スローガン 内閣総理大臣賞など表彰(毎日新聞)
AD