取り調べ全過程の録画・録音(可視化)を義務づける刑事訴訟法改正案の今国会提出を目指す民主党の動きについて、千葉景子法相は22日の閣議後会見で「どんな準備が必要か課題がある。整理がつくかどうか」と述べ、今国会提出は難しいとの考えを示した。中井洽国家公安委員長も、捜査の近代化についての研究会をスタートさせることを明らかにしたうえで、「拙速が一番まずい」と述べ、否定的な見解を示した。【石川淳一、長野宏美】

【関連ニュース】
取り調べ可視化法案:対検察、首相慎重 民主の提出けん制
可視化法案:政府として「提出検討せず」 松野官房副長官
国会:衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
石川議員逮捕:弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ

大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)
小沢氏入場に拍手まばら…地方代議員会議(読売新聞)
日航と全日空、国際線統合も=3年以内に見極め-前原国交相(時事通信)
<超高層マンション>地震対策案を作成 住民と東京都中央区(毎日新聞)
外国人選挙権法案反対、自民に新グループ(読売新聞)
AD