冬型の気圧配置の影響で、北海道内は16日夜から17日にかけて石狩地方を中心に局地的な大雪となり、石狩市では午後3時までの1日の降雪量が54センチと、1994年1月13日以来、16年ぶりに記録を更新した。雪は17日昼まで続き、日本気象協会によると、恵庭市で26センチ、札幌市で15センチを観測した。

 JR線は除雪作業のため、札幌と各地を結ぶ千歳線、函館線、学園都市線を中心に終日、ダイヤが乱れた。小樽・札幌-新千歳空港駅間の快速エアポート31本をはじめ、札幌-石狩当別駅間などで計197本が運休し(部分運休含む)、約4万人に影響が出た。また、釧路線も雪のため摩周-網走駅間など8本が運休した。18日には正常ダイヤに戻る見込み。【円谷美晶】

小沢氏政治資金問題 首相「自分に説明責任ない」(産経新聞)
11月第3次産業活動指数、0.2%低下(時事通信)
耐震補強予定ない、65.5%=理由「お金かかる」が半数-内閣府調査(時事通信)
小沢幹事長 厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
総務相「関係者」発言で重ねて釈明(読売新聞)
AD