海外から輸入する新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省は22日、来月上旬に474万回分を初出荷できるのに対し、医療機関からの希望数量は計200回分だったと発表した。
 輸入ワクチンは、グラクソ・スミスクライン(英、GSK)が来月5日に240万回分、ノバルティス(スイス)は同月3日に234万回分の初出荷が可能という。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
追試実施は見送り=「インフル患者減少」
海外ツアー参加者、11.5%増=アジアが好調
山形で豚が新型インフル=国内2例目

帰宅困難者の避難訓練 秋葉原駅周辺、大地震を想定(産経新聞)
駐在所で長男、拳銃自殺か=高校1年、自室で死亡-岡山(時事通信)
「真価問われる」民主・輿石氏が結束呼びかけ(読売新聞)
ベッド付近燃え81歳重体 大阪の市営住宅(産経新聞)
中学生は即戦力、防災担い手を育てる動き(読売新聞)
AD