鳩山首相は22日の衆院予算委員会で、公的年金を受給するのに必要な25年間の最低加入期間について、「期間短縮も重要な発想だ。25年は長すぎるので検討したい」と述べた。

 無年金者対策などのため、保険料を支払う期間の短縮に前向きな考えを示したものだ。

 首相はまた、「低所得者に基礎年金を上乗せし、暮らしを援助することも大事だ」と語った。

 これに関連し、長妻厚生労働相は同日の記者会見で、「25年ルールは(制度の)根幹にかかわることなので、新しい年金制度改革の中で見直しに取り組んでいく」と述べた。

<政府税調>専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
日韓外相会談 北朝鮮問題で連携を確認へ(産経新聞)
平沼氏、保守勢力の結集にも意気込み(産経新聞)
<野良猫>競輪場バンクに侵入 対応に苦慮(毎日新聞)
巨大祭祀施設の塀跡出土 御所市の秋津遺跡(産経新聞)
AD