鳩山由紀夫首相が6月上旬に、オバマ米大統領との日米首脳会談を検討していることが21日、分かった。政府関係者が明らかにした。首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、5月末までに日米間で最終合意する方針を示している。普天間問題で合意した場合、首相は早期に訪米して首脳間で合意を確認し、日米同盟関係の深化を進めたい考えとみられる。
 ただ、米側はキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画の履行を求める姿勢を崩しておらず、日本側は辺野古以外の新たな移設先を模索。5月中に日本政府が普天間問題で結論を出し、米側の合意を取り付ける調整は難航が予想されている。 

【関連ニュース】
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

「人間に番号つけるのは牛と同じ」 名古屋市長が「住基ネット」離脱表明(J-CASTニュース)
【中医協】「薬剤管理指導料」の係数化は見送り(医療介護CBニュース)
<海上自衛隊>インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)
<海上自衛隊>インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)
「招福巻」は普通名称=イオンの使用認める-大阪高裁(時事通信)
AD