愛媛県警は21日、新居浜署(愛媛県新居浜市)のホームページに、万引きして補導されるなどした少年49人の実名などを6日間、誤って掲載していたと発表した。

 市民の指摘を受け、20日夕に削除した。県警は「あってはならないミスで申し訳ない」と陳謝している。

 県警によると、署が独自に作っているホームページで15日、部内用データベースを基に2009年の管内での「万引き少年検挙補導状況」として、54件の統計資料を掲載。その際、データに付いていた7~19歳の少年らの名前や年齢、住所などの資料を閲覧できる状態にしていたという。

JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
小沢氏発言に疑問…4億円は自己資金?預金は?(読売新聞)
統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑-県警(時事通信)
中央防災会議 被災地生活支援の特別立法を検討(毎日新聞)
大久保被告を逮捕へ=岩手の自宅から同行-東京地検(時事通信)
AD