平野博文官房長官は20日午後の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で情報源を「関係者」と秘匿した報道について「記事の中身によっては公平でなくなるものもあると思う。利害が相反する場合、一方的に報じることはよろしくないのではないか」と指摘した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<CO中毒事故>パロマ元社長ら無罪主張し結審(毎日新聞)
<法制審>国際裁判の管轄定める要綱案決定(毎日新聞)
<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)
【産経・FNN合同世論調査】「幹事長辞任を」70・7%内閣支持率急落44・3%(産経新聞)
高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
AD