前原誠司国土交通相は19日、日本航空の会社更生法適用申請について、都内で外国報道機関に対する記者会見を行った。国交相は、日航再建のため政府が必要な支援を実施するとし、「通常通り運航し、取引は継続できる」と強調。海外の上空通過や空港離着陸に支障が出ないよう、外国政府に協力を要請していることを説明し、外国人利用者らの不安沈静化に努めた。閣僚が企業の法的整理に絡んで外国報道陣と会見するのは異例。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

国産「バイオ後続品」を初めて承認(医療介護CBニュース)
内部告発のオリンパス社員敗訴=配転命令違法と認めず-東京地裁(時事通信)
三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決(産経新聞)
小沢氏の公設第1秘書・大久保被告を逮捕(読売新聞)
陸山会土地購入 小沢氏資金、「積み立て」記載漏れの疑い(毎日新聞)
AD