愛媛県警は21日、新居浜署(愛媛県新居浜市)のホームページに、万引きして補導されるなどした少年49人の実名などを6日間、誤って掲載していたと発表した。

 市民の指摘を受け、20日夕に削除した。県警は「あってはならないミスで申し訳ない」と陳謝している。

 県警によると、署が独自に作っているホームページで15日、部内用データベースを基に2009年の管内での「万引き少年検挙補導状況」として、54件の統計資料を掲載。その際、データに付いていた7~19歳の少年らの名前や年齢、住所などの資料を閲覧できる状態にしていたという。

日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)
<小沢幹事長>厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
戸建てなど10棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も-東京(時事通信)
<大雪>夜行列車12本運休 JR東日本(毎日新聞)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
AD