沖縄県の仲井真弘多知事は22日の記者会見で、米軍普天間飛行場の移設問題で政府・与党内に伊江(いえ)島(伊江村)や下地島(宮古島市)への移設や嘉手納基地への統合案が浮上していることについて「常識的にはそういう場所はないのではないか」と述べ、キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)以外の県内移設の可能性に否定的な考えを初めて示した。

 政府・与党は沖縄基地問題検討委員会で普天間飛行場の移設先を検討中だが、伊江島や下地島、嘉手納基地の地元はいずれも移設に反対しており、知事は地元の意向を重視したとみられる。ただ、知事は「検討委の説明を聞かないと何とも言えない。政府・与党が研究した案を聞く耳も持たないというのはあり得ない」とも述べ、提案されれば検討する用意がある意向も示した。【三森輝久】

【関連ニュース】
普天間移設:鳩山首相5月決着を強調 官房長官は6月以降
普天間移設:平野官房長官「5月は政府起案の期限」
衆院代表質問:首相らの疑惑、論戦スタート
安保50年:米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず
日米安保:調印50年 首相「普天間が試金石」

<消防職員>団結権のあり方を協議の検討会を設置 総務省(毎日新聞)
<フォルクスワーゲン>2車種リコール 燃料漏れの恐れ(毎日新聞)
<自民党>政策集団「のぞみ」発足 山本元金融担当相ら5人(毎日新聞)
ガソリン160円超で課税停止=価格高騰時の新制度-政府税調(時事通信)
「検察リーク」で調査チーム=捜査や報道けん制の狙いも-民主(時事通信)
AD