気象庁は21日、大雨などの気象警報と注意報を5月から市町村単位で発表することを決めた。

 集中豪雨など局地的な災害に対応するため。新方式では東京23区や離島を含め、現在の約5倍の1777地域に細分化される予定だ。

 実際に市町村単位で判定するのは、大雨、洪水、高潮の3種類。予測雨量などの情報を基に、機械が自動的に判断し、市町村などの防災担当部局や報道機関に伝える。新方式になると「東京都千代田区で大雨警報、中央区で大雨注意報」といった、きめ細かい発表が可能になる。

 新区分での警報と注意報は、気象庁のホームページや、携帯電話の防災情報サイトなどに掲載する。

小沢幹事長、党大会で検察批判「納得できない」 (産経新聞)
鳩山首相 アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談(毎日新聞)
数十秒の沈黙とすすり泣き…生々しいやり取り(読売新聞)
首相、阪神・淡路大震災式典出席を発表(産経新聞)
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕-北海道警(時事通信)
AD