新潟県上越市の天然ガスパイプライン建設現場で2008年7月、爆発が起き、作業員2人が死亡した事故で、県警は18日、業務上過失致死容疑で、工事を請け負った大手ゼネコン清水建設の当時の工事作業所長(59)=同市=ら5人を書類送検した。県警によると、5人とも容疑を認めているという。
 県警によると、5人はパイプライン敷設のためのトンネル工事で、必要な坑内のガス濃度の監視や避難態勢の整備を怠った疑い。
 事故は同月15日未明に発生。坑内の壁面から漏れたガスが爆発し、静岡県三島市の渡辺春雄さん=当時(53)=と福井市の平川晋作さん=当時(35)=が死亡した。 

【関連ニュース】
社長に岡本副社長昇格=鳥原氏は会長に
LNG輸送船が到着=3月末に営業運転開始へ
電力6社、ガス4社が値上げ=来年2月の料金
パプアLNG融資を発表=国際協力銀
パプアLNG開発に協調融資=調達先の多様化狙う

「小沢辞任」叫ぶ男が取り押さえられる 民主党大会の会場近く(産経新聞)
「無料お試し」宅配ビデオ、知らぬ間に利用料(読売新聞)
鳩山首相、「違う事実が出ればバッジつける資格ない」 偽装献金問題で(産経新聞)
バイエルの不整脈治療剤を承継―ホスピーラ・ジャパン(医療介護CBニュース)
<火炎瓶騒ぎ>小沢氏宅近くの路上 男を逮捕(毎日新聞)
AD