車間距離を詰めて前の大型車に付いて行く手口で、高速道路のETC(自動料金収受システム)を不正にすり抜けていたとして、兵庫県警高速隊などは18日、道路整備特別措置法違反(不正通行)容疑で、同県西宮市今津二葉町の運送業、吉井守容疑者(55)を逮捕した。「経費節減のためにやった」と容疑を認めているという。

 同隊によると、大型トラックなどに追走する様子が、列を作る親子に似ていることから「カルガモ走法」と呼ばれる。吉井容疑者は平成20年4月から今年1月までに阪神高速や名神高速で同様の犯行を460回繰り返し、総額25万円の通行料金を免れていたとみられ、同隊は余罪を調べる。

 逮捕容疑は昨年5月28日、豊中インターチェンジ(IC)から名神高速に軽トラックで入り、西宮IC料金所の手前でETCカードを車載器からはずして前を走るトラックに接近して通過し、料金450円の支払いを免れたとしている。

 吉井容疑者のETCカードのエラー回数が多かったため不正が発覚。監視カメラの映像などからも吉井容疑者の犯行が確認され、西日本高速道路会社が昨年11月、県警に通報していた。

【関連記事】
「経費節減」ETC不正通行の運転手逮捕
障害者割引ETCを悪用 容疑の大阪のタクシー運転手を書類送検
ETC突破でタクシー運転手3人を逮捕
ETCをバイクで突破、司法書士を逮捕
「スリップストリーム」で高速道路不正通行の男を逮捕

間寛平さん、前立腺がんに=「世界一周は続ける」(時事通信)
「あなたは反省してるんですか!」声を荒らげる弁護側(産経新聞)
<掘り出しニュース>不景気ピョ~ン!! 信楽高原鉄道、「福カエルキップ」発売(毎日新聞)
<再診料>時間外対応の診療所など加算 厚労省政務官が示唆(毎日新聞)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
AD