平野博文官房長官が21日の衆院予算委員会で、天皇が外国の要人と会見するなどの公的行為に関して、答弁に窮する場面があった。

 自民党の谷垣禎一総裁が「公的行為を天皇陛下は拒否できるか」とただしたのに対し、平野氏は「法律的な観点で答えないといけないので、後刻、お答えします」と答弁を留保。谷垣氏に「従来なら内閣法制局長官がいてポンポン答弁してくれた」と政治主導を皮肉られる結果に。

 さらに、公的行為に関し内閣の統一見解を出すよう鹿野道彦予算委員長(民主)が求めたのに対し、平野氏は「理事会で協議したことに従う」と述べ、同じ与党の委員長の意向を無視。鹿野委員長が再び「委員長として要請する」と求める失態を招いた。【鈴木直】

<JAL>「ドラえもんジェット」来月から就航(毎日新聞)
<クールビズ>ネクタイ業者団体が廃止要望 小沢環境相に(毎日新聞)
<坂本龍馬>妻お龍と初の合同法要…真木よう子さんも出席(毎日新聞)
<陸山会土地取引>「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
道具ケア 化粧映え左右 (産経新聞)
AD