阪神大震災から17日で15年となるのを前に、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一さん(44)から、被災地の復興と発展にエールを送るメッセージが兵庫県に届いた。野口さんは3歳から小学5年生までを同県太子町で過ごしたという。
 メッセージは14日、宇宙航空研究開発機構を通じ、電子メールで県広報課に届けられた。野口さんは「宇宙から見た兵庫県は美しく、海へ山へと発展を見せる姿は躍動感を感じさせました」とした上で、「犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、復興、そして新たな進歩に向け力強く進み続ける今の兵庫県の皆さまに宇宙からエールを送りたい」とつづっている。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

加湿器 中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)
土地探しに小沢氏関与、大久保被告が案内(読売新聞)
おじいちゃん、おばあちゃんの孫への援助は年間75万円(産経新聞)
「公設派遣村」終わる=全入所者が退去-東京(時事通信)
日教組28万人割れ=新採用者の加入率も低下-文科省(時事通信)
AD