16日午後5時50分ごろ、広島市中区舟入南の市道で、横断中の男性が広島電鉄の路面電車(1両編成)にはねられ、病院に運ばれたが、午後7時すぎに死亡が確認された。乗客にけがはなかった。
 県警広島中央署によると、死亡したのは同市中区江波東の無職上野行夫さん(63)で、死因は出血性ショックだった。電車は上野さんを車両下に巻き込んだといい、同署は事故原因を調べている。 

【関連ニュース】
踏切で快速電車に車衝突=遮断機破り突入か、1人死亡
ホームで吐き電車と接触=男子高校生が死亡
列車にひかれ4歳児死亡=埼玉県警
2歳女児、はねられ死亡=母親と横断中、目の前で

「石川容疑者が起訴されないことを望む」…首相(読売新聞)
<ハイチ大地震>AMDA代表ら被災者支援に出発(毎日新聞)
新聞配布にフリーダイヤル廃止 JALのケチケチ「コスト削減」(J-CASTニュース)
<名護市長選>新人と現職が立候補 普天間移設にも影響(毎日新聞)
<踏切>遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線(毎日新聞)
AD