大阪府豊中市の路上で平成15年、焼き肉店主を射殺したとして強盗殺人などの罪に問われた元従業員、浅田和弘被告(34)の差し戻し控訴審の判決公判が21日、大阪高裁であった。小倉正三裁判長は、無期懲役とした1審大阪地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。

 小倉裁判長は判決理由で「共犯者2人の公判供述は信用できる。矛盾点もあるが、浅田被告の犯行を認めた1審判決の事実認定を左右するものではない」と述べた。

 浅田被告をめぐっては、18年5月に大阪地裁が求刑通り無期懲役を言い渡したが、2審大阪高裁は「関係者の供述は信用性がなく、審理が尽くされていない」として審理を地裁に差し戻した。しかし、検察側の上告を受けた最高裁は20年11月、「大阪高裁は証拠の評価を誤った疑いが強い」として2審判決を破棄、審理を高裁に差し戻していた。

 判決によると、浅田被告は15年11月、店主の岡森信也さん=当時(28)=から不当に扱われていると恨みを持ち、拳銃を発射して岡森さんを殺害、現金50万円入りのバッグを奪った。

【関連記事】
現場に指紋…男を再逮捕 南青山の従業員殺害
「組員殺害」供述 強盗殺人で起訴の男再逮捕へ
竪山容疑者が供述「私を刺して自分も死ねばいいと言われ…」
八王子スーパー殺人 時効まで7カ月、浮かんでは薄れ…消える「点」
自暴自棄…金絡みの犯罪激増 墜ちた美人カリスマトレーダーも…

西日本などで部分日食=日没直前、那覇で最大6割(時事通信)
小沢氏の政治資金問題 本格政権を目前にしたハードル(産経新聞)
海自撤収「国益損なう」=自民(時事通信)
<日本ハイチ友好議連>支援方針を確認(毎日新聞)
新品種 春と秋に咲くサクラ 理研チーム(毎日新聞)
AD