怪文書を流布され、名誉を傷つけられたとして、「新しい歴史教科書をつくる会」会長の藤岡信勝拓殖大教授が、同会元会長の八木秀次高崎経済大教授を相手取り、損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は、藤岡氏側の上告を棄却する決定をした。藤岡氏側敗訴の1、2審判決が確定した。決定は12日付。

【関連記事】
扶桑社教科書シェア増加 つくる会は控訴断念
「つくる会」教科書、採択率1.67%
扶桑社が勝訴 教科書出版差し止め訴訟
大阪・浪速中が扶桑社版歴史教科書を採択
都立30校が扶桑社版採択 中学歴史教科書

小沢幹事長、民主党大会で検察と対決宣言(レスポンス)
小沢幹事長 「捜査に協力し国民理解得たい」(毎日新聞)
塩野義のインフル治療薬を22日に緊急収載(医療介護CBニュース)
裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
橋下知事、ベトナム・シンガポールへ出発(読売新聞)
AD