YOSAKOIソーラン祭り組織委員会は18日、今年の祭りで使用するロゴマークについて、96年の第5回まで使用した古いロゴを採用すると発表した。ロゴの商標権の所有者で祭り創始者の長谷川岳氏=自民党衆院北海道1区支部長=と商標権の譲渡交渉が決裂したのが原因。

 組織委員会や長谷川氏によると、昨年までのロゴは長谷川氏が組織委員会に通常使用権を無償貸与していたが、党支部長を務める長谷川氏は候補者と同じ扱いを受けるとして、昨年11月、総務省から「無償貸与は公職選挙法で禁止する寄付行為に当たる」と指摘された。また商標権の10年期限が同月末で切れることから、長谷川氏は費用約250万円を支払い、商標権を更新。両者が取り扱いを協議してきた。

 組織委員会は昨年末、600万円で商標を譲り受けると提案したが、長谷川氏が「譲渡対価は大きくかけ離れている。譲渡対価が高すぎても安すぎても公選法に抵触するので、600万円は安すぎると認定される」として拒否。組織委員会は今月14日、理事会でこれまでのロゴの使用の取りやめを決めた。【仲田力行】

【関連ニュース】
選挙:09衆院選 当選者と確定票 小選挙区・北海道
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 小選挙区・北海道
選挙:参院選 3人立候補辞退も、7人選考は崩さず--自民党道連 /北海道

SNA機が羽田に緊急着陸、車輪にトラブル(読売新聞)
エスカレーター事故 中学生8人転倒し負傷 NHK名古屋(毎日新聞)
<地震調査>家具固定せず、首都圏の4割強(毎日新聞)
白石一文さん直木賞初父子受賞(スポーツ報知)
聴取要請から1週間、小沢氏応じる姿勢なし(読売新聞)
AD