たき火を山林などに燃え移らせ大規模火災を起こしたとして、宮城県警角田署は20日、重過失失火と森林法違反(森林失火)の疑いで角田市の無職の男(55)を書類送検した。
 送検の容疑は、昨年4月10日午後5時ごろ、付近に燃え移ることが予想されたにもかかわらず、消火用水などを準備せず、枯れ葉を集めて自宅敷地内でたき火をした疑い。
 火災は3日間燃え続け、男の自宅が全焼したほか山林約100ヘクタール(東京ドーム約20個分)が焼けた。けが人はいなかったが、消防団や自衛隊など延べ約2400人が消火作業に当たった。県内ではこの日、乾燥注意報が発令されていた。 

【関連ニュース】
桑田元投手の父、火災で死亡=誕生日に住宅全焼
住宅など13棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も
住宅全焼、3人死亡=会社員と男児か
住宅全焼、3人死亡=1人は幼稚園の孫娘か
車全焼、運転席に遺体=北九州

首相動静(1月12日)(時事通信)
インド洋給油活動終了へ 防衛相が撤収命令(産経新聞)
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初-静岡地裁(時事通信)
波にさらわれ釣り人2人死傷=千葉(時事通信)
<荷崩れ>トレーラーの生サバ、路上に散乱 大分自動車道(毎日新聞)
AD