15日午前5時35分ごろ、名古屋市西区枇杷島町の名鉄名古屋本線の庄内川橋梁(きょうりょう)下の県道で、同区に住む自営業の男性(38)が乗用車で通りかかったところ、線路の枕木を固定するための犬くぎが落下してフロントガラスに刺さった。車は衝撃でガードレールに衝突し、男性は左脇腹に軽い打撲を負った。愛知県警西署が落下原因などを調べている。

 同署によると、犬くぎは幅1.7~4センチ、重さ311グラム。胴部の長さ13.5センチ部分がフロントガラスを突き抜け、平らな頭部で止まった。道路から橋梁までは高さ4.7メートル。男性は自宅に戻る途中だった。

 名鉄によると、落下したくぎは枕木を固定していたのが抜け落ちたものではなく、何らかの原因で線路敷地内にあったとみられる。【中村かさね】

小沢氏進退「なんで?本人じゃないでしょ」 民主幹部が反論(産経新聞)
人事で鳩山カラー? 憲法解釈論議も“小沢手法”か(産経新聞)
<安保改定50周年>日本防衛は揺るぎない…米大統領が声明(毎日新聞)
<告訴>ノリタケが子会社元従業員を 約4億円横領容疑で(毎日新聞)
センター試験 東武線事故で5会場一部繰り下げ(産経新聞)
AD