大寒の20日、八ッ場ダム水没予定地にある群馬県長野原町の川原湯温泉で、恒例の「湯かけ祭り」が行われた。

 約400年前、温泉が突然出なくなり、住民が祈願したところ、再びわき出したのが始まりとされる。

 氷点下4度の冷え込みの中、午前5時から神事を営んだ後、ふんどし姿の若衆たち約60人が紅白に分かれ、「お湯わいた」から転じた「お祝いだあ」とのかけ声とともに勢いよく湯を浴びせ合った。

 ダム建設中止問題への注目から、報道陣や観光客が例年以上に多く詰めかけ、湯しぶきを浴びながら祭りの熱気を見守った。

小沢氏問題で民主激震…首相は強気? 党内に「答えるな」の指示も(産経新聞)
「改正著作権法」周知キャンペーン 大賞決まる(産経新聞)
“卑弥呼の鏡”にファン感激 桜井茶臼山古墳の速報展(産経新聞)
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針(医療介護CBニュース)
飽和状態…都市部から地方へ 弁護士さん就活激化 滋賀・島根10年で登録倍増(産経新聞)
AD