直木賞作家の浅田次郎氏が、函館市の観光名所「函館朝市」の店から個人情報が漏れ、カニの「宅配詐欺」被害に遭ったなどと事実と異なる内容のエッセーを日本航空の機内情報誌に寄稿し、函館朝市協同組合連合会に謝罪していたことが分かった。

 情報誌は「SKYWARD」の12月号。浅田氏はエッセーで、自宅に函館の水産業者からカニの購入を勧める電話があり、よく利用する朝市の店からと思い込んで注文したと記述。届いたタラバガニと毛ガニの味が「カニカマの方がまだしもマシ」だったため、店に電話で確認。しかし、使われていない番号で、「(朝市の店から)個人情報が流出したとしか考えられない」とした。

 浅田氏のエッセーを知った朝市協同組合連合会は昨年12月に調査した。その結果、浅田氏の家族が朝市の実在する店からの電話を受け、カニを注文していたことが判明。連合会が「詐欺ではなく、個人情報が漏れたこともない」と連絡すると、浅田氏は謝罪したという。

 浅田氏は「カニは自分が注文したと思っていたが、連合会が家族が注文したというならそうかもしれない」と釈明。「カニの味が悪かったので最初は詐欺に遭ったと思った。誇張して書いた部分があり、多少書き過ぎたところはあった」と説明している。【佐藤心哉】

【関連ニュース】
ヤマト:上海で宅配便サービス開始 中国で初めて
田中裕子:日本人初の西太后役、中国語吹き替えに「きょとん」 ドラマ「蒼穹の昴」会見
鈴井貴之:映画「銀色の雨」初日舞台あいさつ 全員人見知り「作品に反映」
サンデーらいぶらりぃ:間室 道子・評「琥珀」浅田次郎・著
まちかど:市内企業に出前講座 「男女共同参画」で鶴ケ島市 /埼玉

副反応0.01%で変わらず―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)
新学期の首都圏 電車内で痴漢など39人を摘発 1都3合同摘発チーム120人投入   (産経新聞)
強盗傷害事件の取り調べDVD、法廷で再生へ(読売新聞)
<米牛肉>危険部位混入 2施設の禁輸解除 農水、厚労省(毎日新聞)
<センター試験>札幌、江別で理科1時間繰り下げ 大雪で(毎日新聞)
AD