静岡県熱海市で開かれていた共産党の第25回党大会は16日、夏の参院選で比例代表5議席と東京選挙区の計6議席の確保を目標とする大会決議を採択。志位和夫委員長や市田忠義書記局長の留任を含む党幹部会人事も決め、閉幕した。

 決議は、参院比例代表の目標獲得票数を650万票以上と明記。「旧来の自民党支持基盤が大規模に崩れている」として無党派層に加え、農協(JA)や医師会など保守基盤への支持拡大に取り組むとした。

【関連記事】
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?
輿石参院議員会長、小沢氏進退「ふざけるな!」
自民、参院千葉選挙区に猪口氏公認へ
有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党

幸せを呼ぶ黄色 埼玉・宝登山でロウバイがみごろ (産経新聞)
小沢幹事長 首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
<ランドセル>男子の「黒」が復活 女子は5割が「ピンク系」(毎日新聞)
雑誌が電子化したら 半数近くが「購読しない」(産経新聞)
AD