鳩山由紀夫首相は18日夜、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が小沢氏の任意の事情聴取を求めていることについて「必要に応じて小沢幹事長自身が判断して説明することを望む」と述べた。小沢氏の判断に委ねながらも、聴取に応じるのが望ましいとの認識を示したものだ。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

大阪・羽曳野射殺 「銃刀法検証も」 警察庁長官(産経新聞)
外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言-法相懇談会(時事通信)
衆院代表質問 政治資金問題で大島氏「自浄能力問われる」(産経新聞)
<訃報>山崎春之さん83歳=元駿河台学園理事長(毎日新聞)
小沢氏問題で民主激震…首相は強気? 党内に「答えるな」の指示も(産経新聞)
AD