民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年に購入した土地をめぐる事件で、東京地検特捜部は16日、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で、陸山会元会計責任者で公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=西松建設の違法献金事件で起訴、公判中=を新たに逮捕した。同事件での逮捕者は会計事務担当だった民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら現、元秘書3人となった。特捜部は今後、小沢氏本人の関与についても捜査を進める。

 一方、石川容疑者が土地代金の原資について「小沢先生が父親から相続し、信託銀行に本人と妻名義で預けていた資産を、バブル崩壊後に自宅に保管していたもの」と供述していることが関係者への取材で分かった。しかし、特捜部は原資に国発注の胆沢(いさわ)ダム工事を受注したゼネコンからの裏献金が含まれている疑いがあるとみている。

 特捜部の調べなどによると、大久保容疑者は、石川容疑者の後任の会計事務担当で小沢氏の元私設秘書、池田光智容疑者(32)と共謀。陸山会が19年春に返済金名目で小沢氏に支出した4億円を、政治資金収支報告書に記載しなかった疑いが持たれている。

 大久保容疑者は事件当時、石川容疑者らの上司として経理事務を統括していた。特捜部は、土地購入をきっかけとした16~19年年の一連の虚偽記載を大久保容疑者が指示・了承していたと判断した。

 大久保容疑者はすでに西松建設事件で陸山会の15~18年分の虚偽記載で起訴されているため、16、17年分の虚偽記載については「一罪」とみなされ逮捕・起訴されない。特捜部は16、17年分について公判中の東京地裁に訴因変更手続きを取るとみられる。

 また、東京地裁は16日、3人の容疑者の勾留(こうりゅう)を認める決定をした。期間は25日まで。

小沢幹事長の対応に理解=「捜査中話せないことはある」-鳩山首相(時事通信)
課税停止、160円程度で調整=ガソリン税の特別税率-政府税調(時事通信)
<臓器提供>親族への優先、厚労省が運用指針改正(毎日新聞)
「不景気で仕事なく」盗んだバイクでひったくり 34歳男追送検(産経新聞)
普天間、政府方針を説明=岡田外相が米国務長官に(時事通信)
AD