平野博文官房長官は14日午前の記者会見で、18日召集の通常国会冒頭から内閣法制局長官を政府特別補佐人から外す方針を明らかにした。平野氏は「政治家同士の答弁(にする)ということだ。内閣法制局長官はあくまで内閣に助言をする立場で、法律の番人という認識は違う」と強調。ただ、人事院総裁や公正取引委員会委員長らは「独立性が高い」として、引き続き特別補佐人とする考えを示した。
 国会法によると、内閣は議長の承認を得て、内閣法制局長官や人事院総裁らを政府特別補佐人に指定、国会の本会議や委員会に首相や閣僚らと同様に出席、答弁させることができる。与党は法制局長官などの官僚答弁を制限する国会改革関連法案を通常国会に提出する方針で、今回の除外措置は、法案成立に先駆けて鳩山政権が掲げる「政治主導強化」の徹底を図る狙いがある。 

【関連ニュース】
1次試験は5月2日=来年度国家公務員I種
地方から懸念の声=直接交渉で労使対立も
管理職除外のケースも=協約締結権付与で報告書
鳩山政権3カ月の主な動き
国家公務員に冬のボーナス=平均64万7200円

旧自由党資金15億円、小沢氏団体に 藤井前財務相あて助成金装い(産経新聞)
小沢氏だんまり、進退には強気の姿勢(読売新聞)
欠陥マンション、都市機構負担500億円超(読売新聞)
<平沼赳夫氏>蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」(毎日新聞)
<寒気>九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)
AD