島根大学水泳部の部員による恒例の「寒中水泳」が大寒の20日、宍道湖近くの松江市・大橋川で行われた。

 精神鍛錬を目的にした大橋川の寒中水泳は、半世紀続くという同大の伝統行事。この日の同市内は最高気温17.2度と4月上旬並みの陽気だったが、川の中は水温4度前後と冷たかった。

 川岸で準備運動を行った部員10人は、赤ふんどしと水着姿で次々と川に入り、「エイ、エイ」と声を発しながら、平泳ぎで約140メートル先の対岸まで泳いだ。

 対岸に泳ぎ着いた部員らは、用意された毛布で体を包み、近くの旅館に直行して風呂に入った。

【関連記事】
山の安全願い滝行 富山県警の山岳警備隊
「大寒」なのに体感は春、早くも梅が開花
大寒なのにぽかぽか陽気 沖縄は夏日
越冬ナベヅルの観察ツアー 山口・八代盆地
姫路で全国凧あげ祭り 手作りたこが乱舞

<センター試験>札幌、江別で理科1時間繰り下げ 大雪で(毎日新聞)
商店街で放火容疑、高2逮捕…ブログに犯行(読売新聞)
竪山容疑者、放火ほのめかす供述も 千葉大生殺害(産経新聞)
小沢幹事長、2回目の衆院本会議には出席(産経新聞)
浅川マキさん ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)
AD