政府が通常国会に提出予定の、永住外国人への地方選挙権付与法案を巡り閣内の足並みが乱れている。15日の閣議後会見では、法案を担当する原口一博総務相が議員立法での提出を主張、連立を組む国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相が選挙権付与そのものへの反対を改めて明言。いずれも政府方針に逆行するもので、今後も曲折が予想される。

 同法案は11日の政府・民主党首脳会議で、選挙権付与にこだわる小沢一郎幹事長の求めに鳩山由紀夫首相が同調し、議員立法ではなく、政府が提出すると決まった。しかし、原口氏は15日の会見で「民主主義の基礎にかかわることは行政府が先にやることなのか。しっかりと国会で提案があるのが基本だと思う」と指摘。千葉景子法相も「本来は議員立法が適切かな、と考えたりする」と同調した。

 亀井氏は「日本がかつて朝鮮半島を支配したことにおわびする気持ちはなければならないが、それと選挙権を付与するのは別だ」と強調。「日本で参政権を行使したい、という外国籍の方は帰化されればいい。(法案提出は与党)3党の連立合意に入っておらず、それぞれの党での議論から始めねばならない」とクギを刺した。

 こうした反応に平野博文官房長官は「閣僚にいろんなご意見があるようだ」としつつ、「政府として提出すべく調整を進める」と政府提出の構えを崩していない。

 法案提出には閣議での全閣僚の同意が必要で、亀井氏が最後まで反対すれば閣議決定は困難。政府で同法案の作成や国会審議を担当する原口氏の慎重姿勢も法案の行方を不透明にしている。民主党内にも根強い反対論があり、政府・与党の方針を一致させる道筋は見えない。【山田夢留】

【関連ニュース】
自民党:外国人の地方選挙権は反対方針
渡部恒三氏:外国人選挙権は議員立法で
外国人選挙権:法案、通常国会へ 与野党で賛否交錯
外国人地方参政権:通常国会に法案提出方針…平野官房長官
小沢幹事長:永住外国人に地方参政権を…法案提出を要望

年間売上高4割を受注=収入減恐れ市長に工作か-贈賄申し込み、山梨県警・警視庁(時事通信)
EU大統領、4月に初来日=貿易交渉は厳しい局面も(時事通信)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏(産経新聞)
AD