米兵に殴られ重傷を負った横浜市のタクシー運転手、田畑巌さん(64)が、国に1160万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、横浜地裁であり、深見敏正裁判長は原告の請求を棄却した。

 米兵の公務外の不法行為で、米軍の監督責任と国の賠償責任が認められるかどうかが争点となっていた。

 田畑さんは、深夜の飲酒や外出規制が不徹底な状況で事件が起きたとして、米軍に監督義務違反があったと指摘。日米地位協定に伴う民事特別法に基づき、国に賠償責任があると主張していた。深見裁判長は「勤務時間外に基地を離れ、公務とは無関係に行ったのは明らかであり、職務行為とは認められない」と述べた。

 判決などによると、米海軍第7艦隊旗艦ブルーリッジの乗組員だったブランドン・ポール・ブッカー元受刑者(25)=懲役1年2月の判決で服役=は平成18年9月、横浜市中区のクラブで、飲食などをした帰りに田畑さんのタクシーに乗ったが、運賃を払わずに降り、追いかけてきた田畑さんの顔を殴り重傷を負わせた。

 同地裁は20年8月、元受刑者に対しては135万円の賠償を命じている。

【関連記事】
米兵家族の少年ら4人逮捕 ロープ転倒事件、殺人未遂容疑で
米兵ひき逃げ「地位協定改定には結びつかない」 自民・石破政調会長
「米兵の身柄引き渡しを」沖縄男性ひき逃げで共産・穀田氏
ロープ転倒事件、米兵家族の関与か 少年数人絞り込む、警視庁
米兵犯罪、国の賠償責任認めず 横浜地裁、元米兵に支払い命令

電子書籍、iPhoneで読めます モリサワが携帯向け閲覧ソフト(産経新聞)
防災担当は中井拉致問題担当相の兼務に(産経新聞)
生活習慣病領域でOD錠が増加(医療介護CBニュース)
強盗に縛られ4日半、62歳男性助けられる(読売新聞)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待-日米チーム(時事通信)
AD